スポーツボランティア情報広場

スポーツボランティアとは?

【ボランティアの意味・原則】

 ボランティア(volunteer)の語源は、ラテン語のvoluntas(ヴォランタス)であり、自由意思や自主性を意味しています。

【ボランティアの三原則】

  • 自主性(強制ではなく自分から自発的に参加する活動)
  • 公益性(自分のためではなく社会に貢献できる活動)
  • 無償性(金銭や物理的報酬を目的としない活動)

【スポーツボランティアとは?】

 近年、日本では、これまでの「するスポーツ」と「みるスポーツ」に加え、「ささえるスポーツ」という新しい概念が注目されています。これが「スポーツボランティア」で、報酬を目的とせず、自分の労力、技術、時間を提供して地域社会や個人・団体のスポーツ推進のために行う活動のことを意味しています。
 大きなスポーツイベントでは、多くのスポーツボランティアがその運営を支えており、こうしたボランティアの活躍が大会を盛り上げ、選手や観客のリピーターを増やし、ひいてはスポーツの振興に大きく寄与しています。また、必ずしもイベントばかりではなく、学校のクラブや地域サークルへの指導を行う日常的なスポーツ活動においても、スポーツボランティアは必要不可欠なものになってきています。

 スポーツイベントでのボランティアには、専門的な知識がなくても、細かいルールを知らなくても参加でき、参加者、観客、ボランティア仲間とともに、多くの感動を共有することができるでしょう。
 さっぽろ健康スポーツ財団では、スポーツボランティアを育成・支援し、広い視点からスポーツの普及振興を進めてまいります。

スポーツボランティアに参加しよう!

 スポーツイベントでのボランティアに参加を希望する場合は、日時や条件等を考慮して、それぞれの大会事務局へお申し込みください。
 必要な物品や服装は、種目や業務内容によって大きく異なります。できるだけ事前に確認の上、しっかり準備をして、当日に臨みましょう。

 ボランティア業務は、「やってあげる」ものではありません。マナーを守り、無理をせず、参加者と一緒に楽しみながら「やりたいからやる」ものです。自発的な参加であるからこそ、お金では得られない「出会い」「発見」「感動」があり、スポーツボランティアとして活躍している人が年々増えてきているのです。
 あなたもぜひ、スポーツボランティアのお仲間に入ってみましょう!

スポーツボランティアの心得

 ボランティアといっても、参加者から見ると大会スタッフの一員です。スポーツイベントの会場は多くの場合屋外で、広範囲であり、主催者スタッフだけではなかなか網羅できません。最前線のスタッフであるボランティアの皆さんの努力は、必ず参加者の好感を呼び、大会への満足度に直結するでしょう。 しっかりした心構えと最低限の知識を持って、ボランティア活動に参加しましょう。

(1)責任を持って参加しよう
 あらかじめ、あなたの配置場所と業務の内容は決まっています。遅刻や欠席をすると、当然のことながら、同じ配置場所の他のメンバーに影響を及ぼします。活動の内容によっては、配置人数や時間を変更しなくてはならない場合もあるかもしれません。決して無断欠席や遅刻をせず、責任を持って参加しましょう。

(2)必要な準備をしっかりしよう
 何時にどこに集合するのか、どんな業務か、移動の方法など、しっかりと当日のイメージを持って臨みましょう。不明な点があれば、事前に大会事務局や、昨年のボランティア経験者から情報を得ておきましょう。
 主催者からの支給品には限りがあり、全く用意されていない場合もあります。雨が降ったら、雪が降ったら、暑かったらなど、いろいろな状況を想定し、できるだけの準備をしておきましょう。
 また、配布された案内文や業務マニュアルには必ず目を通し、事前にボランティア説明会などが開催される場合には、なるべく参加するようにしましょう。

(3)明るい対応を心がけよう
 主催者、参加者、ボランティア仲間は、その日に初めて会う人が大半です。全員で一緒にイベントを楽しむためにも、まずは明るい対応を心がけましょう。
 配置場所によっては、問い合わせや苦情など、人と話す機会が非常に多くなります。自分自身から積極的に明るいあいさつ・話し方ができれば、より相手とのコミュニケーションが深まり、お互いに一日を有意義に過ごすことができるでしょう。

スポーツボランティア募集情報

 

第28回日刊スポーツ豊平川マラソン
募集は終了しました
日 程:平成28年5月5日(木、祝日)
業務内容:選手受付、給水、タグ回収・外し、手荷物係、他
条件等:18歳以上(高校生不可)
支給品:スタッフキャップ、参加賞、クオカード
ボランティア保険の加入:
募集人数:190人
募集締切:3月31日(木)
申込・問合せ先:日刊スポーツ豊平川マラソン事務局
〒060-0033 札幌市中央区北3条東3丁目1-30KNビル3階
TEL:011-271-5775 FAX:011-222-7028 
第28回日刊スポーツ豊平川マラソン
第32回 健康をさがそう たかすジョギングフェスティバル
日 程:2016年6月26日(日)
業務内容:給水用務、選手誘導係
条件等:フェスティバルの趣旨に賛同する愛好者ならどなたでも
支給品:参加賞(マラソン参加者と同様品)
ボランティア保険の加入:
募集人数:10名程度
募集締切:2016年5月6日(金)
申込・問合せ先:〒071-1292 上川郡鷹栖町南1条3丁目5番1号
鷹栖町教育委員会教育課体育振興係
TEL:0166-87-2028 FAX:0166-87-2850
第8回 なかしべつ330°開陽台マラソン
日 程:2016年7月3日(日)
業務内容:運動公園内(発着地点)での選手誘導
選手監察
条件等:心身共に健康な方(高校生~一般、男女不問)
支給品:スタッフキャップ、 特製330°パン、 飲料水
ボランティア保険の加入:
募集人数:定員なし
募集締切:2016年5月22日(日)
申込・問合せ先:なかしべつ330°開陽台マラソン大会事務局
中標津体育館
TEL:0153-72-2316
【大会HP】http://www.zncs.or.jp/330
【facebook】https://www.facebook.com/330marathon
第17回 NAC TRAIL RUN in NISEKO
日 程:2016年9月4日(日)
業務内容:(1)コース作り・バナー・テント等 会場設営
(2)チェックポイントスタッフ・タイム計測
(3)その他イベントに係る業務全般
条件等:特になし
支給品:昼食、大会記念品
交通費(社内規定にて往復分支給)
※自家用車にて希望の場合は、駐車スペースが少ないため、相乗希望
ボランティア保険の加入:
募集人数:4~6名
募集締切:2016年8月28日(日)
備考宿泊について、寮の利用可能
申込・問合せ先:株式会社NAC
虻田郡倶知安町字山田179-53
担当:原田 夢(はらだ ゆめ)
TEL:0136-23-2093 FAX:0136-23-2094
【E-mail】yume@nacadventures.jp
第8回アジア冬季競技大会(2017/札幌)
日 程:2017年(平成29年)2月10日(金)~3月1日

【大会日程:2017年(平成29年)2月19日(日)~2月26日(日)】
業務内容:会場運営、手荷物検査、ゾーンチェック、インフォメーションセンター運営、来賓対応、メディア対応、医療救護、選手団サポート、輸送本部運営 ほか
条件等:詳細は「大会ホームページ」、または「募集案内」をご覧ください。
支給品:大会ユニフォーム、食事(弁当等、ただし活動時間による) ほか
ボランティア保険の加入:あり
募集人数:5,000人(一般ボランティア:3,100人、多言語対応ボランティア:1,900人)
募集締切:2016年6月30日(木)
申込・問合せ先:第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会 ボランティア係
〒060-0004 札幌市中央区北4条西4丁目 伊藤ビル6F
TEL 011-219-2017 (8:45~17:15 土・日・祝日は休み)
E-meil volunteer@sapporo2017.org
大会HP http://sapporo2017.org
公式Facebook https://www.facebook.com/sapporo2017/
第三回ボードマンニセコクラシック
日 程:2016年 7月9日(土)~7月10日(日)
業務内容:(1)エイドステーションサポート(選手補給所)
(2)コース立哨員(誘導員)
条件等:心身共に健康な方(高校生~一般、男女不問)
支給品:スタッフTシャツ・お弁当・宿泊・札幌~ニセコ往復バスあり
ボランティア保険の加入:
募集人数:20人程度
募集締切:2016年6月20日
申込・問合せ先:ニセコクラシック実行委員会 大会事務局
〒044-0081 北海道虻田郡倶知安町字山田126-2
TEL0136-55-6081 mail maeda@hokkaidoevents.com
【大会HP】 http://nisekoclassic.com/
【facebook】 https://www.facebook.com/thenisekoclassic/