札幌国際ハーフマラソン大会 財団法人さっぽろ健康スポーツ財団

札幌国際ハーフマラソン大会 SAPPORO INTERNATIONAL HALF MARATHON

(財)北海道陸上競技協会
読売新聞社
札幌テレビ放送
さっぽろ健康スポーツ財団
「札幌国際ハーフマラソン大会」終了のお知らせ
 多くの一流ランナーが札幌の地に集い、健脚を競ってきた「札幌国際ハーフマラソン大会」は、本年の2012年大会を最後に終了することが決まりました。
 札幌国際ハーフマラソンは、円山競技場を発着点に大通公園など札幌市内を縦断、白石区東札幌を折り返すコースで実施され、気候的にもコース的にも好タイムが出やすい大会として知られてきました。近年は世界ハーフマラソン選手権の日本代表選手選考を兼ねています。今年7月1日(日)の第55回大会は男女323人がレースに出場、完走率は98%と高い数値を示しました。
 2000年(第43回)大会では高橋尚子選手が女子の部で優勝、シドニー五輪マラソンで金メダルを獲得する足がかりを築き、翌01年(第44回)大会では、04年アテネ五輪マラソンで金メダルに輝いた野口みずき選手が、リディア・シモン選手(ルーマニア)とデッドヒートを演じて5秒差の2位に入り、五輪に向けて大きな収穫を得ました。
 夏季に開催されるハーフマラソン大会は全国的にも少なく、そうした意味でも、札幌でこの大会を開催する意義は大きかったといえます。
 しかしながら、来年以降の大会につきましては、主催4団体で協議を重ねてまいりました結果、運営収支面やスポーツコンテンツとしての将来展望等に鑑み、開催しないことを内定。後援団体である日本陸上競技連盟に、来年からは後援申請を行わないことを提案し、陸連の了承を得ました。
 ここに、各協賛団体、北海道警察本部、各警備会社等、大会運営をサポートしていただいたすべての関係機関の皆様に深く感謝し、御礼を申し上げます。
 私たちは、これからも陸上競技、スポーツ全般の健全な発展に貢献していく所存です。今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

大会事務局からのお知らせ

2012.7.1

第55回札幌国際ハーフマラソン大会は無事終了いたしました。
「大会結果(リザルト)」をアップいたしました。

2012.6.18

「招待選手」をアップいたしました。

2012.5.31

大会当日の交通規制について、「交通規制のお知らせ」をアップいたしました。

2012.3.23

第55回大会の大会要項が決定いたしましたので掲載いたします。

PageTop
© Sapporo International half Marathon All Right Reserved.